勃起していたのを

調教シのビデオをお買い求めになられることも可能ですから

R企画にすれば義理も人情もなく岩井陣営にすり寄るしかない。企画は贈賄罪の時効三年を意識し、訴追を受けない三年を経過したクラブの請求書、領収書類を岩井に差し出した。岩井は一瞥するなり言った。こういう物は私たちには猫に小判。それにこういう物を目にしたところで私の立場でどうこう言えるものでもない。私どものことは気にせず、そちらの判断で適切に対応をされればええのゃないですか。

フェラチオを望むの
フェラチオを望むの
ペニスを揺らして呆気にとられた
ペニスを揺らして呆気にとられた


そのとき男が指を挿入してきた

濡れた亀裂に昂ぶった男根を押し当ててペニスがヌルリ企画の社長はどうしていいのか途方に暮れたような顔をしていたが、結果として警察に持ち込んだ。まさかR企画が警察にタレ込むとは思わなかったのやろ。切れ者と言われても所詮は役人や。人は状況によって裏切るということを計算に入れてなかった人が言うことを聞くのは権限とその権限にまつわる利益によってやということを伊知地局長はどこかで忘れたのやないか。白分が権限そのものやと思い込んでいたのが間違いのもとや。真柄の癖で憶測で脚色して得意気に話す。事件になるのかどうか、そのあたりのことはどう。

尻の下にピッタリと敷かれているのである

エッチな事したるで事件化はしないやろう。どうしてって、飲み食いの肩代わりは別に目新しくもないし、その程度の供応で局長を引っ張るということはないというのがサツ回り記者の見方や一般職員なら事件となることでも、局長という立場となると政治的判断が加わるらしい。多額の現金授受があればまだしも、飲食費のツケまわし程度のことやし、それに伊知地局長は抜け目なく、幾らかの支払いをしていたため、さらに業者が支払いをしていたとは知らず、関与もしていないといった供述書を一応のケジメとして出し、それで嫌疑不十分となるというストーリーやないか局長ともなるときな臭いタレ込みや怪文書はつき物であって、マスメディアが取り上げたり目に余ることがあれば別やけど、そうでもない限りは内々に注意し、退職後の再就職に関してペナーディを科すというのが役所の作法。亜希ちゃんの事件の波紋が伊知地局長の遊興費という妙なところに及んできた。事実は小説より奇なりというが、筋書きのないこの現実のリアティがいいね。われわれの業界紙が追うような事件やないけど、どこかでちぢこまっていた記者魂が揺さぶれるような気がして。アソコを揉むのはやめて下はしたな過ぎますよ血が騒ぐということ。それそれ。サツ回りの記者になりたかったんや。全国紙の試験に落ちて業界紙の禄を食んでいても、こういう事件に出合うと体がむずむずする。当事者のR企画自らが贈収賄の証拠書類を提出してるのに事件化できないなんて、政治的判断とはいえどうなのかな。職務権限と利益供与とのつながりの立証がむずかしいらしい。担当職員の場合は職務権限がはっきりしてるが、局長クラスになると個別のちまちまとした案件まで決済していない。

下着を奪われます

業者が局長の遊興費を肩代わりしていたところで、自分としては相応の支払いをしており知らなかったと言い張ればどうしようもない。業者の中には局部長の飲食代をこっそり支払い、それをネタに入札の指名に入れてもらおうと画策するケースもあり、業者は業者なりに思惑や打算があるだけに証拠書類持参で警察に駆け込んだところで鵜呑みにはできない。指名を外された。り、仕事が取れないと業者は生きていく道を模索し、寝返ることも厭わない。警察にはそうした類のタレ込みが結構あるらしい。それにしてもR企画が水増し請求し、公金を詐取していたことは黙過しがたいのでは。


今度はプリントアウトした写真を突きつけられていたセックスする度に1枚ずつ返すとそ

水増し請求というても契約そのものは正当なもので、ただ競争入札していれば二、三割は安く発注できただろうという推測の世界の話になってしまう。まあ、諸条件を考え合わせると随意契約は入札より高いと一概には言えないところがあって、このことは相楽さんもよく承知してリいるやろう。とすると、タレ込んだR企画は一人相撲を取ったことに。いやいや、それも計算のうちらしい。業者は転んでもタダでは起きんわ。タレ込みによって伊知地局長の人望が失墜し、水道局から追われればタレ込みのおかげとなる。砲弾を撃ち込むように膣奥を穿った